いつか。きっと。

人生も折り返した今になって、大切にしたい人に巡り逢いました。
そんな彼とのこと、日々感じることを綴ります。

お誕生日デート【前編】

誕生日前日、デートの約束をしていました。


前回逢った時から、季節が変わった感があるこの頃...


気付けば、ちょうど3週間経っています^_^;


でも、早くデートの日が来ないかなっ~~~と、待ち遠しくはあったものの、気持ちは落ち着いたままでした。


彼『色々あり過ぎて、何だか数か月ぶりに会うような気がする。早く会いたいなぁ。』


そんなv(≧∀≦)v うれしいことを!!!!!


私『楽しみにし過ぎて、今度こそお熱出さないように気を付けなきゃ...笑』


何の約束もない私たちは、誕生日が唯一のイベントになる為、少々気合が入り気味で...笑


...と、言っても、いつも通りお部屋デートです。


さやかなお祝いさせてね~、ごちそう作るから!!


そう言うと、とても喜んでくれて(´∀`艸)♡


お休み取って、よーしと意気込んでみたものの、社内会議が入り半休となり( ̄□ ̄;)!!


でも夕方までにお料理仕上げられるから大丈夫かな...などと思っていると


彼「chakoちゃん、何時くらいに終わるの?」
私「うーん、半休なので12時半頃かな」
彼「早いねー。そんなに早く上がれるなら、俺も半休トライしてみるねー。出張で一応、仕事の目途はついたからお客様からの質問なければ、何とかなるかも...。」
彼「もし、半休取れたら3時頃の待ち合わせでも大丈夫?」
私「うんうん!!大丈夫です。前夜にお料理も準備出来るものはしておくから(^^♪」


半休取ってくれるの!!もう、ダメだったとしても、その気持ちが何より嬉しい♡


彼の誕生日だけど、既に私が大きなプレゼントをもらっているような(*’ー’*)♪


プレゼントは色々考えた末、結局「バースディカード」と「あなたのお望み叶えますのチケット」にしました。


ご希望の「エッチ券」って書くのはどうにも気が引けたので、「フリーパスチケット」として。
好きなキャラの絵を描いて、おめでとう、ありがとう、あなたのここが好きって言いたい事、伝えたい事を綴っていったら、思いのほか厚みが出てしまって。。。
やっぱり、私はこの人が大好きなのね。。。笑


数日間、そんな内職的な作業をニマニマしながら夜な夜なこっそりしていたのだけど、実際出来上がったものは、想像してたより貧相に。画力に問題が...(>ㅁ<` )


どうにか、仕上げのリボンで渡せそうな感じになったかなぁ?!^_^;


お料理の仕込みも終わり、よし準備万端


デート当日
「お疲れさま~今日早く帰れるよ!3時に〇〇駅ね」とお昼時間に連絡があって


仕事を終えて自宅に戻り、1時間でお料理を仕上げ出発!!


「どうしようか?早いから他の遊びも出来そうだけど。でも、ゆっくりした方が良いかな?」
「うーん、時間はいつもの倍あるね。でも久々だし、お部屋でゆっくりしたいかな~」
「あっ、でもケーキを買いに行こう~!」
「うん、そうだね。」


予定通り駅に迎えに行くと、歩いて来る彼の姿にドキッ♡


はぁ~昼間の彼...新鮮♡


見た目は、お仕事中の中年会社員ですけど⇐私にとっては紺ブレの似合う王子様?に見えます...笑


助手席に乗った彼は、いつものようににこやかに、久しぶりと言って私の顏を遠慮がちに覗き込むんで、うっ、、見られてる(〃 ̄ー ̄〃)となります(笑)


顏を見るのも、手を絡めるのも、お互いにちょっと照れがありぎこちないのです(゚ロ゚;)


もうね、この時点で、どれだけ逢いたかったことか。。。を10回位繰り返し心の中で呟いてるんです。


ちょっとゆっくり出来るので、私たちの中で「ゆっくり出来る方のお部屋」に向かっていると、市街地から逸れてケーキ屋さんが見つからず。。。
結局、コンビニのチーズケーキを買って行くことに^^;


ホテルに着くと、入り口のお部屋を選択する電気系統の故障?なのか、「ちょっと待っててください。直ぐにご案内出来ますんで~」と元気の良い従業員のおばさま...
仕切られている待合室ブース、こんなところにあったのねって、椅子が1つしかなく...座って~と彼に座ってもらうと、引き寄せられて(*’ー’*)ふふっ♪
ようやく、ぎゅーっと出来たね♡って気持ちでした。
その後、彼のお膝の上に座らせてくれて。。。
ね~重いって思ってるでしょ~!!
うんちょっとね~
も~~バシッッ


良い感じに緊張もほぐれて、やっぱり触れ合いって大事♡


おばさまが、「お待たせしました~お部屋のご用意出来ております407です。あっ、お部屋に何も問題ないですからね。ご心配なさらないでね。ここの機械が壊れちゃって」


そう言って、豪快に故障部分を引き抜いてガッシャガシャしているので、「システムトラブルですね。大丈夫ですか」って覗き込んで平然と答えてる彼^^;
私も「大変ですね~」って言うと「全く、もうね~やんなっちゃう」って強者のおばさまに、何だかとっても和みまして。。。


【長くなりましたので、つづく】


おかえり。穏やかな夜

親族の葬儀の為、出掛けた彼。


ご家族が一緒な訳で…


いつもは、何の取決めもないので


好きなタイミングでメッセージするのだけど、通夜葬儀となると分からず(>.<)


それなら、戻るまで、じっと待ってる?


いやいや...それでは、何だか落ち着かない^_^;

そこまで考えることもないのかな…と、挨拶程度の内容で送ろうかなと考えていたら。


『今から出発だよ。行ってくるね。』と連絡をくれた。


すぐに気付いて、数回のラリーをして旅立っていきました。


その夜は一度だけメッセージ

『お通夜ご苦労様でした。悲しみの中での一晩でしょうけど、お疲れでしょうから、少しでも体を休めてくださいね。』


冠婚葬祭、家族という括りが突き付けられる(´д`|||)


家族になれないのだし、どうにもならないこと、考えてもね(-_-;)

ただ、ご両親やご兄弟がどんな方で、今の彼が出来たのかは、そこにはどうやら興味が湧く(^-^;


彼からの連絡は、やはりなく(>ㅁ<` )



翌朝、かなり早い時間に

『おはよう。心配してくれてありがとう。これからまた準備してお見送りしてくるね。』


詳しくは全く分からない(´~`)


でも、何だか思い出してくれて、ありがとうのメッセージをくれるだけで…


不思議と淋しい気持ちもふっーとなくなった


今日も一日頑張ろうって、力みなぎる感じ


これこれ...と、久々に思い出して嬉しくなる(*^^*)


そんなこんな、仕事をしながら


きっと、今夜も遅くなって…


疲れたよー。もう寝るよ(´ω` )zzZがあるかしら?


残業中で、あと少し仕事が残っていたところ。


ただいまーっ!!
…きたぁっ~~♡これ、帰省先から戻るときの決まった第一声なんです(≧▽≦)


おかえりなさい。と、心の中で呟いて(*´▽`)


『骨を拾うところまで一緒にいたから、遅くなったけど、でも悔いなく送ることができたと思えて良かったよ。少し疲れたかなあ。今夜は少し早目に寝るね。外、雨降って来たでしょ。涙雨かな。』


やっぱり、嬉しい!!


何だろう??すごく幸せな気分なのは・・・


彼の中に、私の居場所があるなぁって思えたから。...勝手に思ってるだけですが(笑)


『悔いなくお見送りできて何よりでした。お疲れさま~!!週末から続けて、どどっとお疲れもあると思います。今頃、お家で、ふぁぁ...っとなってるかな?笑。今夜はゆっくり休んでくださいね~。涙雨、、うん、ちょっと残業で遅くなっちゃった。今帰って来たけど、ピッタリの表現だと思う降り方でしたよ。お疲れのところ、連絡ありがとう♡今ね、落ち着いているので(私の気持ちが...笑)大丈夫です(^^♪』


すると、早めに寝るって言っていたのに
『こんばんは。今日は遅くまで頑張ったんだねー。お疲れさま。落ち着いてるって聞いて安心したよ。』


そんなメッセージがΣ(゚ロ゚;)


落ち着いてるいて、安心した。。。


いつも、心配させてるの?


そりゃぁ、いつも落ち着いてませんけど(笑)


あぁ、、口には出さないけど、実は私の心模様で彼自身も不安だったり安心だったりする。言葉にしない彼の気持ちが少し見えたような。


とても温かい、心地よさ(´∀`艸)♡


この人が、大好きだなぁ~~と思い


思わず
『大好きよ~~!!』っと伝えると


『うん。大好きだよ。』が返ってきた( ´͈ ᵕ `)


この夜は、ただ、それだけで幸せに包まれていました。


そんな穏やかな夜。


たまには、そんな夜があってもいいものです(*’ー’*)♪


そんな、穏やかな夜の記憶、ちょっと忘れないうちに残しておきたくて・・・・・・


暖色系の日常と神頼み

おはよう
今朝、電車に差し込む日差しが冬だったよ。
少しだけオレンジがかった日差し。
寒くなりそうだから、暖かにして出発だよ。
朝、打ち合せ準備入るから、少し早いけど、いってらっしゃい~


今朝は、普段より早い時間にメッセージが届きました。


いつもは


会社に着いて、コーヒータイム中の彼


出勤準備をして出かける寸前の私


束の間のLINEタイム♡


とりとめのないやり取り。


雨模様だと、傘忘れずに持って行くんだよ~
寒ければ、暖かくして行くんだよ~
......って、まるで、子どもに言うみたいな彼に
何度も「クスッ。。。」となるけれど、本当にお子さんに言っていたようで(笑)
お父さんだけど、お母さんみたいねァハハ・・(・∀-`;)


そんなところがすっかり日常に溶け込み過ぎて、当たり前になっているけれど


当たり前の日常こそ、何よりかけがえのないものだって、今朝改めて思いました。



今週は、毎晩遅くまで残業続き(>_<)


そして、昨夜聞かされた、大好きな親戚が亡くなって葬儀があるとのことで、重くのしかかってる様子の彼。


彼 「お別れは辛いよね。みんなが経験することだけど。」

私 「悲しいのよ。言いようのない悲しみがじわっとくる。でも、皆で故人のお話しすると、何だか落ち着くこともあるし。」

彼 「chakoちゃんは、ご両親で経験してるから、悲しみの大きさは桁違いだよね。」

私 「そうやって、亡くなった方と対話していくしかないかもね。時間と共にね。」

彼 「そうだよね。その為にあるのがお葬式だったよね。みんなでワイワイ思い出話して、落ち着いていくんだね。」

私 「そうそう。ずっと心には居続けるからね(*^_^*)なので、ちゃんとお別れしてきてくださいね。ありがとう。またねって!!」

彼 「うん。」


人の死は、悲しい。悲しい感情も、身近な人になればなるほど鈍くなるというか、ピンとくるまでに時間がかかったりするもの。


でも、両親ともに見送った私は、故人を愛した人達で思い出噛みしめながらお見送りすることでしか悼むことは出来ないのではないかなと思っています。


来週は、葬儀と出張でバタバタしそうな様子。


なので、前倒しで予定していたお誕生日デートは、もしかするとお誕生日後に延期になる可能性もありそうで(>_<)


もう少ししないと分からないのだけど、そうなると再来週は、楽しみにしている予定があるので、そこに重ならないか何だか落ち着かない゜゜(´□`。)°゜。
でも、お誕生日のお祝いしたいし。。。


もう、神頼みしかないかな!!!