いつか。きっと。

人生も折り返した今になって、大切にしたい人に巡り逢いました。
そんな彼とのこと、日々感じることを綴ります。

夫婦の揉め事

2月、3月にブログ更新が出来ず、書き溜めてた内容となります。


.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:


彼に夫と揉めた話をしました。
あんまり夫婦間のことは話さない私
彼に至っては、全くと言っていいほど奥様との話題は出しません。
何か聞けばポツっと答えることはありますけど...
まぁ聞いたら聞いたで、気になってしまいますしね(笑)
余計なことは知らぬが仏かもしれません。


以前
旦那さんはchakoちゃんが選んだ人だからいい人なんだろうなぁ...
そう呟いていたことを思い出します。
同じように、彼の奥様のことは何も知りませんけど、
彼が選んだ人で、この彼と一緒に暮らせているのだから
きっと、いい意味で、なかなかのツワモノだと思っています。


そして、今回の揉め事とは・・・・・・
そう、病気のことです。
夫婦間のコミニュケーションがままならない我が家ですし、共働きで、不規則な時間帯で仕事をしている夫とは、数日話さないこともあります。
どこまで話したか?覚えてないし、言った聞いてないはよくある事。
精密検査を受けるってことは知っていたので、検査結果の日に、夫のシフトが急遽、夜勤に変更、検査結果によっては治療入院手術といった話しになるかもしれないので聞いてみたのです。
私「今日、病院で精密検査の結果が分かるけど、時間あるなら一緒に行く?」
夫「えっ?行かなきゃダメなの?」
私「いや、別にダメじゃないよ」
夫「ふ~ん、それならいいや行かない」
私「分かった。じゃ行ってくる」
そう言って家を出て、ひとり病院へ。


結果を聞いた翌朝
私「ちょっと旦那さんと揉めちゃった(´;ω;`)」
彼「揉めちゃったのか。大丈夫?免疫力を高める第1日目でこれだと先が思いやられるね(笑)」
私「私の病気のこと興味なさそうで、詳しく話してなかったから。で?結局何なの?って余りにも他人事だし、治療もないのにどうしろと言うんだとデリカシーないこと事言うものだから。ホントに先行き不安でしょ(笑)」
彼「まぁ男は急に言われるのが苦手だから、今朝はそれで揉めちゃったような気がするけどなぁ。」
そこは、夫側の男性としての観点を擁護するような立ち位置
反対の場合も、私も女性の立場からきっと理解を促すようなことを口にするんではないかなって思います。


もし彼と夫婦だったら??
な~んて考えると、やっぱり私の小言が多くなりそう。


「ねぇ、これって直ぐ使うの?かなり出っぱっててお邪魔なんですけど!!」と、彼の趣味のものを片付けようとするだろうし、「いやいや、もう少し、今やりかけだから触らないでよ!!」・・・そんな日常。
甘いことばかりではないけど、起きたら彼がいる。
今日はどちらが帰りが早いか?なんて、夕飯の相談したり
その日の些細な出来事を話しながら晩酌したり
一日お疲れ様って、労ったり、一緒におやすみって横になって
また、朝になったら、おはようって。。。
そんな日常を想像したら、当然、むふふっっの妄想となるけど
やっぱり、悪くないなぁ(*^^)v